両国で評判の
消化器内科専門医による丁寧な治療

当院では、専門医による一貫した診断・診療と、
苦痛を抑えた内視鏡検査を実施しております。
即日検査も空き次第で対応可能。
その他、血液検査により消化器系がんの検査も行っています。

詳しく見る

墨田区、両国駅前の
消化器内科
SBC湘南メディカル記念病院

消化器内科で対応可能な症状両国駅前で治療可能な消化器内科

胃腸炎

胃腸炎とは、病名の通り胃と腸が炎症を起こしていることです。炎症を起こすと、下痢や嘔吐、腹痛などの症状が見られます。夏場と冬場に多く発症する病気です。

胃腸炎

痔とは、簡単に言うと肛門の病気です。痔がお尻の病気の9割を占めていると言われています。 日本人の3人に1人がこの症状に悩まされています。

肝硬変

肝硬変とはさまざまな肝臓の障害が慢性化した結果生じる病気です。 肝臓が小さく硬くなり、正常に働く細胞の数が減少してしまい、肝臓の機能が失われます。

肝硬変

肝機能障害

肝機能障害とは、何らかの原因で肝臓が障害を受けてうまく機能しなくなる状態のことを言います。 自覚症状があまりないことから肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれています。

肝機能障害

クローン病

クローン病とは炎症性腸疾患のひとつであり、人間の口腔から肛門に至るまでの小腸や大腸など、消化菅のあらゆる場所に腫瘍や炎症を引き起こす病気です。

クローン病

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは厚生労働省の定める特定難治性疾患に認定されています。日本で難病と定められている病気の中でも発病率が最も多い病気です。

潰瘍性大腸炎

虫垂炎

虫垂炎とは、右下腹部にある盲腸につながっている虫垂という小さな臓器に炎症が起きる病気です。一般的に「盲腸」と知られています。

虫垂炎

大腸憩室炎

大腸憩室炎とは、大腸の壁が袋状に外に飛び出しで憩室ができ、細菌感染を起こした状態のことを指します。お腹が痛み、ひどくなると腸内に穴が空いてしまうことがあります。

大腸憩室炎

脂肪肝

脂肪肝とは、30~40代に多く見られる症状で、肝臓に中性脂肪・コレステロールが溜まり、肝臓が肥満の状態になることを言います。 

脂肪肝

消化器内科の診療内容を見る

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.