虫垂炎 Appendicitis

虫垂炎とは

虫垂炎とは、右下腹部にある盲腸につながっている虫垂という小さな臓器に炎症が起きる病気です。一般的に盲腸と知られていますが、実際は盲腸そのものに炎症が起きるのではなく、虫垂に起きます。

虫垂炎は一般的な病気のひとつですが、医師でも診断が難しいことがある疾患です。

 

原因

虫垂炎の原因は未だはっきりと明確になっていません。

多くの場合は虫垂が異物や腫瘍、便などによって塞がり炎症が起きるといわれています。その他に考えられる原因としては下記内容が挙げられます。

・ 細菌やウイルスの侵入
・ ストレス
・ 暴飲暴食などの生活習慣の乱れ
・ 便秘

 

症状

虫垂炎の症状は「初期」「進行期」の二つに大きく分けられます。

初期の症状

虫垂炎は本格的に発症するまでに初期症状があります。

初期の段階では、みぞおちのあたりにチクチクした痛みを感じます。更に痛みが原因で悪心や嘔吐、そして食欲不振といった症状が現れます。

進行期の症状

初期状態から数時間経つと進行期に移行します。

進行期になると、チクチクした痛みが右下腹部に移り圧痛を従います。さらに進行すると38℃程度の発熱を起こし、風邪に似た症状が生じます。

 

虫垂炎の合併症

・膿瘍(のうよう)

膿瘍とは限られた箇所に膿が溜まってしまうことをいい、虫垂炎の場合は横隔膜の下や虫垂の周囲に膿がたまり、膿が溜まった箇所は熱をもち、腫れる場合もあります。

・腹膜炎(ふくまくえん)

腹膜炎は腹膜に炎症が起こることをいいます。症状としては、激しい腹痛や発熱、悪心、嘔吐が現れます。虫垂炎の場合は汎発性腹膜炎(はんぱつせいふくまくえん)を伴う恐れがあります。この場合、速やかに抗菌薬や輸液による治療を行い、緊急手術をする必要性があります。

 

治療

虫垂炎の治療法は大きく手術療法、薬物療法があります。

手術療法

手術療法では虫垂の切除を行います。

虫垂を切除するのは最も確実な治療法といえます。以前までは開腹手術が主流でしたが、現在ではお腹に小さな穴を数箇所開けて行う腹腔鏡手術(ふくくうきょうしゅじゅつ)が増えています。腹腔鏡手術は術後の回復も早く身体の影響も少ないですが、症状が悪化してしまっている場合は開腹手術を行うことがあります。

薬物療法

抗生物質を投与し、炎症を緩和させる治療法です。

初期症状であれば手術療法と同様の効果を得られます。しかし、抗生物質の投与のみで治療した場合は再発の確率が高いこともわかっています。不安な方は医師に相談し、しっかり説明を受けましょう。また、手術療法の前に薬物療法を行う場合もあります。

 

虫垂炎の予防対策

虫垂炎の原因は明確になっていませんが、少しでも予防できることはあります。その予防対策は3つあります。

・便秘にならないようにする

・ストレスを溜めない

・暴飲暴食をしない

- 予防対策としてできること -

・ 水分補給をしっかりする
・ 適度な運動を心がける
・ しっかり睡眠をとる
・ 疲労を溜めない
・ バランスの良い食生活を送る

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.