胆のう炎 Cholecystitis

胆のう炎とは

胆のう炎とは、胆のうに起きる炎症で、胆石症を合併していることがほとんどです。胆石や細菌などが原因で、お腹の右上部に激痛を感じたり、痛みが右肩に散ったりします。

 

原因

ほとんどの胆のう炎は、胆石によって引き起こされていると言われています。細菌感染を生じると、症状が重症化します。また、最近ではタバコとの関連性も指摘されています。

 

症状

胆のう炎の代表的な症状は痛みです。食後に、お腹の右上のあたりや背中に激しい痛みを感じることがあります。その他には、吐き気や嘔吐、発熱などが見られることがあります。

急性胆のう炎

約90%が胆石症を合併していると言われています。炎症の程度によって、下記に分類されます。

カタル性胆のう炎

胆のうの内側に軽い炎症が起きている状態です。

化膿性胆のう炎

胆汁が濁って膿のようになり、胆のうの内側の壁が腫れている状態です。

壊疽性胆のう炎

強い炎症によって、胆のうの壁の組織が死んでしまった状態です。胆のうに穴が開き、お腹の中に胆汁が流れ込んでくることがあります。

気腫性胆のう炎

ガスを発生される特殊な細菌によって生じる胆のう炎です。一般的な胆のう炎に比べて症状が強く出ます。

慢性胆のう炎

急性胆のう炎が繰り返し起こることで慢性化します。胆のうの機能低下を生じます。

 

検査

胆のう炎の検査は、下記のものがあります。

血液検査

血液中の白血球の量を調べます。炎症を生じる胆のう炎では、白血球の増加が認められます。

超音波検査

超音波(エコー)を体の外からあてて、お腹の中の状態を確認します。急性胆のう炎では、胆石症を合併していることが多く、胆石を確認することができます。

レントゲン検査

腸の動きが鈍くなり、腸内のガスが溜まるため、ガスが黒っぽく映ります。

内視鏡検査

口もしくは鼻からカメラを挿入し、胆のうの様子を直接確認します。胆のうの様子や胆石の有無を調べることができます。

 

治療

胆のう炎の治療は、症状の程度によって異なります。症状に合わせて適切に治療法を選択しましょう。

炎症が軽い時

絶食、抗生物質の投与などで、炎症を抑えます。

炎症が強い時

炎症が強い時は、外科的治療を行います。胆のう炎を何度も繰り返す場合、根本となる胆のうを摘出します。胆のうは胆汁を一時的に貯蔵する臓器ですが、胆汁は十二指腸に流れるため摘出しても身体に大きな影響は残しません。

腹腔鏡下胆のう摘出術

お腹に小さな穴を3,4箇所開けて、お腹の中をモニターで観察しながら胆のうを切除する手術です。手術の傷が小さく、手術後の痛みが開腹手術より少なく、回復も早いことから、現在主流となっています。

開腹胆のう摘出術

症状が強い時に適用します。腹腔鏡よりも傷が大きくなりますが、お腹の中の様子を実際に観察できるため、周囲の臓器や血管を確認しながら手術を行えます。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.