クローン病 Crohn disease

クローン病とは

クローン病とは炎症性腸疾患のひとつであり、人間の口腔から肛門に至るまでの小腸や大腸など、消化菅のあらゆる場所に腫瘍や炎症を引き起こす病気です。主に10〜30代の若い方に見られる病気です。

また、厚生労働省の定める特定難治性疾患という難病です。

クローン病は発症する場所によって大きく3つの種類に分けられます。

(1) 病変が小腸のみに発症する…小腸型

(2) 小腸と大腸に発症すのが…小腸大腸型

(3) 大腸のみに発症する…大腸型

 

原因

クローン病は、現代医学の研究結果でも、いまだに原因不明となっています。

主に腸管の免疫力などが関係していて、人種や遺伝的要因、食生活や生活習慣などの生活要因があるのではないかと言われています。

また、感染による免疫異常がおきているとも考えられています。症状が悪化している場合は、身体疲労やストレスも関与していると言えるでしょう。
 

症状

クローン病の症状は人によってさまざまですが、半数以上の方に下痢や腹痛の症状が見られます。そのため、クローン病は過敏性症候群と間違えられることもあります。

またクローン病は腸管の合併症(瘻孔、狭窄、膿瘍など)や腸管外の合併症(関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変など)を引き起こす可能性があります。

- 主な症状 -

・ 腹痛
・ 発熱
・ 下血
・ 下痢
・ 体重減少
・ 貧血

 

 

治療

クローン病は原因がまだ解明されていないため、現在のところ根本的な治療法はありません。

治療の基本は、栄養状態を改善し、症状の減少や、腸管の炎症を抑えることです。

治療は基本的に薬物療法と栄養療法を組み合わせて行います。手術療法もありますが、この手術は完治を目的としたものではなく、一時的な症状を抑えるための手術です。

栄養療法

腸管の炎症により腸管を安静に保つ必要性がある場合や、栄養吸収がうまくできていない場合は栄養療法を行います。栄養療法は主に経腸栄養と中心静脈栄があります。

・経腸栄養(けいちょうえいよう)

経腸栄養とは体に必要な栄養を経腸的に投与する方法で、栄養を口から補給する経口法と、チューブと用いて投与する経管栄養法があります。

・中心静脈栄養(ちゅうしんじょうみゃくえいよう)

中心静脈栄養とは、主に鎖骨下の大静脈にカテーテルを挿入して高カロリー輸液で栄養補給を行う手法です。

薬物療法

薬物療法は症状などに応じてさまざまな薬剤を用いて治療を行います。使用する薬剤はさまざまありますが、主に下記薬剤を使用します。

・ 5-ASA製剤(5-アミノサリチル酸)
・ 副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)
・ 免疫抑制剤
・ 抗TNFα製剤
・ 抗菌薬など

クローン病の方は食事に気をつけましょう

クローン方の食事は高脂肪のものは避け、消化管に負担をかける 繊維成分を控えた低残渣食(ていざんさしょく)が原則です。

- クローン病の注意する食事 -

・ 脂肪の多い食事は控える

・刺激物は避ける

・甘いものや冷たいものは気をつける

・栄養が偏る外食はできるだけ控える

・たんぱく質は植物性の食品や魚介類から摂取する

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.