大腸憩室炎 Diverticulitis of colon

大腸憩室炎とは

大腸憩室炎とは、大腸の壁が袋状に外に飛び出しで憩室ができ、細菌感染を起こした状態のことを指します。お腹が痛み、ひどくなると腸内に穴が空いてしまうことがあります。悪化する前に見つけて、治療することが大切です。
欧米人に多い疾患でしたが、近年の食生活の欧米化に伴い、日本人でも増えてきています。日本人では、盲腸や上行結腸など、大腸の右側にできやすいという特徴があります。

 

原因

憩室ができる原因は、先天的なものと後天的なものがあります。ほとんどは後天的にできる憩室です。便秘が続くと、腸の筋肉が厚くなり腸内部の圧が高くなります。圧が高くなると、筋層のすきまから腸粘膜が飛び出し、これが憩室となります。この憩室が細菌感染し、炎症を起こすことで大腸憩室炎となります。

食生活の欧米化により、食物繊維の摂取が減少することが一因と考えられています。


 

症状

ほとんどの大腸憩室炎が無症状です。炎症が進行すると、腹痛、下痢、便秘、出血などを伴います。

腹痛

上行結腸に炎症を生じている場合は、右側腹部が痛みます。S字結腸に炎症を生じている場合は、左下腹部が痛みます。
炎症が軽いうちは、腹痛が周期的に生じ、下痢や便秘する程度です。
しかし、炎症が酷くなると発熱することがあります。

腹膜炎、結腸周囲炎

症状が悪化すると、憩室に穴が空き、腹腔内に便がもれて腹膜炎や結腸周囲炎を起こします。この状態になると、腹痛がひどくなり、場合によってはショック状態で死に至ることがあります。S字結腸に炎症を生じている場合は、特に重症化しやすい傾向があると言われているため、注意が必要です。

 

検査

大腸憩室炎かどうかを調べるときは超音波検査やCT検査を行います。憩室の有無を調べる場合には大腸内視鏡検査やバリウムを使った検査が行われていますが、炎症がひどいときに行うと悪化させてしまうおそれがあるので、検査のタイミングは慎重に判断します。

ただし出血を伴う症状がある場合には、どこから出血しているか確認するため、緊急内視鏡検査を行うこともあります。

治療

非常に軽症の場合は、食事の管理や抗生物質を内服することで治すことができます。しかし、多くの場合は抗生物質の点滴や、入院の上絶食といった方法が必要になります。ただし再発が多い病気なので、治った後も食生活や排便の管理などが必要です。

腹膜炎を起こしていたり、憩室周辺に膿が溜まっていたりしたときには手術を検討することがあります。腸管の切除や腫瘍ドレナージなどの方法があり、憩室が破れや腹膜炎の程度がひどい場合には一次的に人工肛門を作ることもあります。

早期発見の重要性

大腸憩室炎は症状が軽いうちなら、手術をせずに絶食や薬で治すことができます。重くなる前に発見して治療することが重要です。憩室は年齢が上がるにつれて増えるため、年配の人は特に気をつけましょう。便秘がちな人も憩室に細菌が溜まりやすいので注意が必要です。

当院の消化器内科では、空きがあれば即日でも検査を受けることができます。調子がおかしいと思ったら、早めに検査を受けることをおすすめします。

 
© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.