食道がん Esophageal cancer

食道がんとは

食道がんとは、食道の内側の粘膜に発生するがんです。罹患率は40歳以降に増加し始め、得に男性は女性に比べて発症しやすいと言われています。

 

原因

食道がんには、扁平上皮がんと腺がんの2つタイプがあります。日本では、約9割が扁平上皮がんと言われています。一方、腺がんは欧米で見られることが多く、近年の食生活の欧米化に伴い、日本でもこのタイプのがんが増えています。
がんになる要因は、それぞれ異なりますが、どちらも生活習慣に起因するものが多く、それらの要因が相乗的に作用して発症リスクが高くなると言われています。

扁平上皮がんの原因

扁平上皮がんは、食道の内側の粘膜に発症します。日本の食道がんの約9割がこの扁平上皮がんです。

・喫煙
・飲酒
・非常に熱い飲み物

腺がんの原因

腺がんは欧米で見られることが多く、約半数近くがこの腺がんだと言われています。日本でも、近年の食生活の欧米化や肥満化に伴い、腺がんが増えています。
このタイプのがんは、肥満に加えて、胃酸が食道に逆流する「逆流性食道炎」によって慢性的な炎症を引き起こすことによって発症します。

・肥満(食生活の欧米化)
・喫煙
・逆流食道炎

 

症状

食道がんの初期には、自覚症状がないことが多く、人間ドックなどで内視鏡検査を行った時に発見することがあります。がんが進行すると、徐々に下記の症状が現れてきます。

食道がしみる感覚

熱いものを飲んだ時や食べ物を飲み込んだ時に、食道付近がしみる、チクチク痛むといった感覚が現れます。がんが大きくなるにつれて、これらの症状はなくなるため、少しでも違和感を感じる場合は早めに検査を受けることが大切です。

物がつかえる感覚

がんが大きくなると、食道の内側が狭くなるため、物がつかえる感覚が現れます。放置していると、大きくなったがんが食道を完全に塞いでしまい、水や唾を飲み込むことすら難しくなります。

体重減少

食べ物がつかえることで食事の量が減り、体重が減少します。

 

さらにがんが悪化すると、食道周辺の組織に症状が現れます。

胸の痛み、背中の痛み

がんが大きくなると、食道を突き破り肺や背骨を圧迫します。すると、胸や背中に痛みを感じるようになります。

 

治療

食道の周囲には、肺や心臓、大動脈などの重要な臓器・血管があります。がん細胞がリンパ管や血管に乗って周辺の臓器や骨などに転移する可能性があるため、早期に治療することが大切です。

内視鏡治療

内視鏡を用いて、食道の内側からがんを切除します。この治療法は、がんの転移がない早期のがんに適応されます。

手術(外科治療)

がんを含む食道を切除する方法で、最も一般的な治療法です。食道を切除した後は、胃や腸などから新しく食べ物が通る道を作ります。がんの進行状況や発症部位によって選択される手術法が異なります。

放射線治療

放射線をあててがん細胞を消失させます。この治療法には、放射線を体の外からあてる外照射という方法と、体内に放射線を出す物質を挿入して体の中から照射する腔内照射という方法があります。

抗がん剤治療

がん細胞を小さくする薬を投与する治療法です。抗がん剤は血液によって全身に運ばれるため、手術では取り切れない箇所や、放射線治療が難しい箇所への治療が可能です。
しかし、抗がん剤は、がん細胞だけではなく健康な細胞にも影響を及ぼすため、下記のような副作用が生じます。
・脱毛
・食欲低下
・倦怠感
・皮膚の黒ずみ、肌あれ
・貧血
・むくみ


がんの進行具合や発症部位によって治療法が異なるため、主治医と相談の上すすめましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.