食道静脈瘤 Esophageal varix

食道静脈瘤とは

食道静脈瘤とは、食道の粘膜を流れる静脈が、こぶのようにふくらんで"でこぼこ"になる病気です。肝硬変などで肝臓に血液を送る血管の圧が高まると、食道の静脈に大量に血液が流れ込み、こぶができます。

 

原因

主な原因は肝硬変です。肝硬変に伴い、肝臓に血液を送り込む門脈の圧が高まると、門脈圧亢進症という状態になります。門脈圧亢進症になると、静脈を流れる血液が逆流し、食道の静脈に大量の血液が流れ込みます。これにより、血管が太くうねった状態になり、こぶができます。

 

症状

食道静脈瘤の症状はほとんどありません。原因となる肝硬変の症状がでる場合があります。

肝硬変の症状

・倦怠感
・手のひらが赤くなる
・手が震える
・白目や皮膚が黄色くなる
・腹に水が溜まる
・むくむ
・腋や胃のあたりの圧迫痛
・血が止まりにくくなる

静脈瘤が大きくなると、破裂して出血を起こすことがあります。肝硬変によって止血機能が低下しているため、大量出血につながる危険性があります。突然大量出血を起こすと、血圧が下がりショック状態に陥り、場合によっては死に至ります。

 

検査

食道静脈瘤の主な検査は、内視鏡検査です。 内視鏡検査により、静脈瘤の出血やびらん、周辺の血管などを観察することができます。破裂しやすいかどうかも分かるため、食道静脈瘤の人は定期的に内視鏡検査を受けるようにしましょう。その他には、CT検査、超音波検査、造影検査などがあります。

 

治療

主な治療法は、内視鏡による治療です。現在、2つの方法が行われています。

食道静脈瘤硬化療法(EIS)

広く普及している治療法です。内視鏡で静脈瘤を確認しながら、硬化剤を注射で注入し、静脈瘤を固めます。

内視鏡的静脈結紮術(EVL)

静脈瘤自体を小さな輪ゴムで止めることにより、静脈瘤の血流を遮断して廃絶治療を行います。食道静脈瘤硬化療法(EIS)に比べると、侵襲が少なく安全性に優れていますが、再発が多いと言われています。

治療の注意点

治療当日:朝から食事は中止します。
治療翌日:感染症予防のため、抗生剤を服薬します。血液検査結果で問題がなければ、流動食から食事を開始します。

静脈瘤が残存しており、治療がまだ必要な場合は1〜2週間間隔で治療を行います。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.