脂肪肝 Fatty liver

脂肪肝とは

脂肪肝とは、30~40代に多く見られる症状で、肝臓に中性脂肪・コレステロールが溜まり、肝臓が肥満の状態になることを言います。
動脈硬化や生活習慣病を引き起こす恐れもあります。

 

原因

主に生活習慣の乱れが原因といわれており、食べ過ぎや飲み過ぎが原因です。
肝臓内の脂肪が30%を超えると脂肪肝と言います。

脂肪肝の分類

アルコールの飲み過ぎ

アルコールの飲み過ぎが原因の場合の脂肪肝は、「アルコール性脂肪肝」と呼ばれています。

アルコールの成分を分解してくれるのは肝臓です。その肝臓にも分解できる量には制限があります。肝臓の許容範囲を超えたアルコール量を摂取すると肝臓に負担がかかり、肝機能が低下します。

その結果、肝臓の機能がうまく働かなくなり脂肪が蓄積されてしまうのです。

バランスの偏った食事

お酒を飲まない人が脂肪肝になった場合は、「非アルコール性脂肪肝」と言ます。

非アルコール性とは、お酒を全く飲まない人や、1日1合以下の飲酒量の人が該当します。

栄養バランスの崩れた食事を続けていると、どうしても糖分や脂質を多く摂取してしまいます。その摂取した脂肪は、肝臓へと運ばれ必要以上の脂肪を蓄えてしまいます。
その結果、糖尿病や肥満に繋がり、最悪の場合肝硬変や肝臓がんの恐れもあります。


 

症状

肝臓は「暗黙の臓器」と呼ばれるほど、自覚症状が出にくいことが特徴です。

ですが、肝臓の中では脂肪が溜まりさまざまな悪影響を体に与えているのです。 例えば、肝臓内の脂肪が増えると、健康な肝臓に比べて機能が低下します。すると血行が悪くなり、酸素や人間に必要な栄養が身体全体に上手くまわらなくなります。

ですが、肝臓は再生能力が高い臓器なので何度も修復可能です。修復は可能ですが、許容量を超えた場合は修復不能になり、どんどん悪化していきます。

女性の方が悪化しやすい病気?

厚生労働省の調査によると、20代前半の女性の飲酒量は同じ20代前半の男性より上回っている結果がでています。女性は男性よりアルコールに弱い傾向が指摘されています。女性は血中アルコール濃度が高くなりやすいことが挙げられ、アルコール分解がされにくくなっています。お酒が好きで日常的に飲んでいる方は特に注意が必要です。

 

治療

脂肪肝の確定的効果が断言されている治療法は、現在ないと言われています。

一番の治療法は、生活習慣の見直しで改善することです。 脂肪肝の原因は、飲み過ぎと食べ過ぎが関係することから、自らのライフスタイルをチェックすることが大切です。

禁酒

アルコール性脂肪肝の疑いがある人は、まず減酒や禁酒から始めることが大切です。

アルコールの適量は、1日20~25gと言われています。

- アルコールの適切な摂取量 -

・ ビール…中瓶1本(約500ml)
・ 日本酒…1合(約180ml)
・ ワイン…2杯(約200ml)
・ 焼酎…コップ1/2杯(約90ml)
・ ウイスキー…ダブル(約60ml)

 

食事療法

脂肪肝は、日本の食の欧米化が原因とされているので、ヘルシーな和食にするなどしてカロリーを気にしましょう。脂質や糖質の量を気にして、摂取しすぎないようにしましょう。

運動

食事の摂り方にも気を使いながら、軽い運動をすることも大切です。

有酸素運動がより効果的と言われています。 脂肪が燃焼してくるのは、有酸素運動を30分継続した場合とされているので、少なくとも30分を目標に運動をしましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.