総胆管結石 Gallstone

総胆管結石とは

総胆管とは、肝臓で作られる消化作用を強化するための胆汁を、十二指腸まで運ぶ大切な通路です。ここに、結石ができる病気を総胆管結石と言います。結石は、胆汁の中に含まれるコレステロールやビリルビンが結晶となり大きくなることでできます。

 

原因

胆汁を十二指腸に届ける通路である総胆管に、コレステロールやビリルビンが結晶となり石のように大きくなります。健康な状態であれば、十二指腸に細菌が入っても胆汁に流されて排出されますが、胆汁の通路である胆管に結石ができると、細菌が溜まり、敗血症などの重度な感染症に発展する危険があります。コレステロールやビリルビンが増える原因のほとんどは、食生活です。

コレステロール

コレステロールが増加すると、結石ができやすくなります。通常、胆汁の中のコレステロールは胆汁酸やレシチンによって溶かされた状態です。高コレステロールの食事を続けていると、胆汁の中のコレステロールが溶かされず、結晶化します。

結晶化して石になったものをコレステロール結石と良い、患者の約70%がコレステロールによる結石だと言われています。

ビリルビン

低栄養や低たんぱくの状態が続くと、胆汁の成分の一つであるビリルビンがカルシウムと結合しやすくなり、ビリルビンカルシウムという結晶を作ります。

 

症状

症状が全く出ない場合もありますが、主に以下の症状が現れます。

右上腹部の痛み

結石が胆管にはまり込んで痛みを生じます。みぞおちや、みぞおちの右側が痛むことが特徴です。食後30分から2時間経った頃に、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

急性胆管炎

結石が胆管を塞いで細菌感染を起こした場合、急性胆管炎になり発熱や悪寒、黄疸などの症状がでることがあります。

 

検査

総胆管結石の検査は、下記のものがあります。

腹部超音波検査

超音波が出るプローブをお腹に当ててお腹の中の様子を見ます。体に負担が少ない検査なので最初に行われることが多いですが、食事摂取後などでは総胆管結石がわかならいこともあるので、他の検査と合わせて行われるのが一般的です。

腹部CT検査

X線を当てて体の断面図を撮影します。石灰化した総胆管結石の場合は高い確率で見つけることができます。

腹部MRI検査

核磁気共鳴現象を利用した検査方法です。小さい結石は見つけられない可能性がありますが、それでも高い確率で総胆管結石を描出することができます。

超音波内視鏡検査

特殊な胃カメラによる検査のことで、体の内部から胆嚢や総胆管、膵臓などを観察することでより正確に診断を行うことができます。一番精度が高い検査とも言われています。

 

治療

総胆管結石の主な治療法は外科的治療と内科的手術です。外科的治療は、内科的手術に比べて根本的な治療が期待できます。

外科的治療

内視鏡的胆管結石除去術

内視鏡的胆管結石除去術は患者に対して第一に行われる治療法で、胆管の出口を広げて結石を取り出しやすくしてから内視鏡処置具を使用して取り出します。

経皮経肝的胆管結石除去術

肝臓の中にある細い胆管を超音波で確認しながら針を指して胆管内にチューブを留置して結石を除去する方法です。胃術後の方や十二指腸に内視鏡が挿入できない方などに考慮される治療法です。

外科的手術

内視鏡的治療よりも体への負担が高い治療法で、胆嚢摘出手術を行う場合などに併せて行うことで入院期間の短縮や患者の負担軽減を目指しています。

内科的治療

胆石溶解療法、体外衝撃波などを用いて、結石の消失を目指します。外科的治療に比べて、完全に消失できる可能性が低くなり、再発するリスクがあります。外科的治療を選択できない人の場合、内科的治療を選択することがあります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.