Hemorrhoids

痔とは

痔とは、簡単に言うと肛門の病気です。痔がお尻の病気の9割を占めていると言われています。
日本人の3人に1人がこの症状に悩まされているのです。

原因

痔の原因を簡単に分類すると下記のような原因が挙げられます。

便秘と下痢

食生活の偏りや体調不良、感染症などにより便秘や下痢になると痔になりやすくなってしまいます。
便秘の場合は、肛門周辺の血管に大きな負担がかかるため、うっ血して痔核ができたり、硬い便のせいで肛門付近の粘膜が切れてしまい切れ痔になってしまったり、切れた傷口からバイ菌が入り込み炎症を起こす場合もあります。

アルコールの摂取

アルコールは、適度に摂取することにより血流をよくすることが可能です。しかし、摂取してから時間が経過すると、血管が痙攣して収縮し血液の流れを規制します。
それにより、肛門周囲にうっ血を起こしやすくなってしまい、状態悪化に繋がります。

ストレス

ストレスを肉体的、精神的に受けていると、免疫力が低下しています。
普段は何ともないことでも体が敏感に反応し、感染・炎症を起こしやすく、痔の原因に繋がるケースがあります。
また、ストレスと胃にはとても深い関係があります。ストレスを感じると胃に影響が見られ、お通じも悪くなり結果的に痔になることもあります。

肉体疲労

人間は体力が落ちている時は、とても弱いものです。疲れている=体力が少ない状態と言えるので、体調も崩しやすく下痢になったり、大腸の働きが弱まり便秘になりやすいなど肛門に負担をかけてしまうことにより、痔になってしまうのです。

症状

痔の種類は大きく分けて3つの種類に分けることができます。
それぞれの特徴などを見ていきましょう。

痔核(いぼ痔)

痔核はもっともポピュラーな痔の分類であり、「いぼ痔」と呼ばれています。さらに2つの種類に分類することができます。

内痔核

肛門の内側にできる痔。肛門の奥から垂れ下がるようにできたもので痛みがほとんどなく、排便時の出血で異変に気付くケースが多いようです。

外痔核

肛門の外側にできる痔。皮膚に腫れ上がるようにできたもので、痛みを伴いますが出血は少ないことが特徴です。

裂肛(切れ痔)

女性に多く見られる症状の一つで、硬い便などが勢い良く排便されることにより、皮膚が切れてしまうことです。
排便時に紙に血がつき、排便後にジーンとした痛みを感じることがあります。

治療

医療機関での治療方法

手術

いぼ痔の場合、膨れ上がったものを切除する手術を受けることが可能です。
切除する方法にもいくつか種類があり、自分に合った方法を選択しましょう。

結さつ手術

切除し縫う方法で、個人差はありますが7~14日間の入院が必要な場合があります。術後には痛みを伴います。

ジオン注射療法

日帰りで受けることのできる、数カ所に注射を打つ方法です。術後の痛みもほとんどないですが、効果が見られるのに時間がかかるのが難点です。

セルフケア

自分自身でできるセルフケアもさまざまあり、意識することにより症状の改善が見られます。

食生活の改善

お通じに良いと言われる食物繊維を多く摂取したり、水分補給をこまめに行うことにより、自然に排便が行われます。

正しい排便習慣

我慢をしてしまうと、直腸が便の水分を吸収し硬い便になってしまい、痔に繋がります。便意を感じた際は、我慢をせずにお手洗いに行くようにしましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.